読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR/AR Startups

よくわかるVR/ARスタートアップ

HTC ViveでオススメのVRゲーム、VRコンテンツ

f:id:tanigox:20170303103414p:plain

当社からついにHTC Vive対応の卓球ゲームをリリースしました。とは言え、身の回りの友人にプレイしてもらうことはなかなか難しいなと思っていましたが、何とPCとHTC Viveを購入してくれた友人がいたので、HTC Viveでオススメのゲームをまとめたいと思います。

シングルプレイ対応ゲーム

VRの対戦・協力ゲームは英語でのボイスチャットが基本になります。いきなり英語でのボイスチャットは厳しいという人は、まずはシングルプレイゲームで肩慣らしをするのがオススメです。

VR版インベーダー「Space Pirate Trainer」

前方180度方向から襲ってくる敵を銃やライトセーバーで倒す、VR版インベーダー的なゲームです。単純なゲームですが、グラフィックが綺麗でまず肩慣らしをするのに最適なゲームの一つです。

VR職業体験「Job Simulator」

VR内でおふざけの職業体験を楽しめるゲームです。VRを体験したことがない方はVRを圧倒的なグラフィックを楽しめるものだと勘違いしがちですが、VRコンテンツは自分の手の代わりになるモーションコントローラーでVR空間内の物を触ったりすることで、圧倒的な没入感を感じることができます。Job Simulatorは物を触ることによる没入感を感じるのに最適なゲームです。

ライミングゲーム「Climbey」

今までのゲームでは体験できなかった、頭上を見るという動きが新しいゲーム。Oculus Rift向けにThe Climbというガチのクライミングを再現したグラフィックの良いゲームも出ていますが、Climbeyはクライミングというよりかはアスレチックに近いゲームです。価格もお手頃なのでオススメ。

音ゲー「Soundboxing」

20kgのダイエットに成功した人も現れた音ゲー。HTC Vive対応の音ゲーとしては、Audioshieldが有名ですが、AudioshieldはSoundcloudの音源を元に譜面を自動生成しているためゲームの体感はそこまで気持ちよくないです。Soudboxingはグラフィックがショボいので大人気というわけではありませんが、ユーザーがYouTubeの動画に合わせて譜面を作成するUGC形式なので、体感が気持ち良いです。

お絵描きソフト「Tilt Brush」

HTC Vive向けのマリオペイント的な位置付けのソフトです。何とVR空間内に3Dでお絵描きすることができます。僕はHTC Viveの開発機でこのコンテンツをプレイした時に一番感動しました。とにかく自分が空間内でモノを作り出すという体験は格別です。絵心がないと中々上手い絵が描けないのは難点ではありますが、他のユーザーが描いた作品も見ることができます。

 

マルチプレイ対応ゲーム(シングルプレイモードもあり)

シングルプレイゲームに慣れてきたら、シングルプレイモードで練習もできるマルチプレイゲームがオススメです。

ガチFPS「Raw Data」

発売月に1億円を売り上げたガチのFPSです。360度方向から迫り来るアンドロイドやロボットをなぎ倒して戦います。シングルプレイもできますが、ゲームが進行するとどんどん難易度が高くなっていくため、他のユーザーと協力すると楽しさが広がります。なお、Raw Dataを開発したSurviosはOculusを創業したPalmer Luckeyと同じ南カリフォルニア大学の研究室出身で、当初はハードウェアを開発していましたが、ゲーム開発にシフトしました。日本のWiLも投資しています。

対戦型カジュアルFPS「Smasbox Arena」

Splatoonの様な対戦ゲームをプレイしてみたいならSmashbox Arenaがオススメです。ドッジボールとペイントボールを合わせた様なゲーム性で、ガチなFPSが苦手な日本人の方でもカジュアルに遊べるゲームです。

 

マルチプレイ対応ゲーム

完全マルチプレイ対応でちょっと敷居は高そうに感じますが、実際にはボディランゲージで何とかなってしまいます。

VR版ラウンドワン「Rec Room」

ペイントボールやドッジボール、ディスクゴルフなど、ラウンドワンの様に様々なアクティビティを楽しめるゲームです。特にペイントボールは360度方向を見渡しながらカジュアルなFPSを楽しめるためオススメです(というか他のゲームはそんなに面白くないかも)。今までは対戦ゲームのみでしたが、最近協力プレイ型のクエストゲームが加わりました。ゲームプレイの他に、ロビーで他のユーザーとハイタッチして触れ合える他、握手をして友達になったユーザーとはプライベートルームでトランプなどを楽しむことができます。

友達の家VR「Bigscreen」

VR内で友達の家に遊びに行く体験を楽しめるコンテンツです。最大4人までのグループで集えるルームを作り、友達を招待して、PC画面を共有しながらボイスチャットを楽しむことができます。一緒にPCゲームをプレイしたり、YouTubeを見たりという使い方がされているようです。

最後に

当社が提供を開始したゲームをご紹介させてください。

世界初の無料VR卓球ゲーム「Ping Pong League」

VRのモーションコントローラーだからこそ再現できる、今までにないリアルな卓球を楽しめるゲームです。AIとの対戦を楽しめるシングルプレイモードの他、世界中のユーザーとの対戦を楽しめるマルチプレイモード、友達との対戦を楽しめるフレンドモードがあります。リアルな卓球を楽しめる他に、ステージである体育館内を歩き回り、バスケットボールのフリースローなどを楽しむことができます。

ネットカフェ様・商業施設様にお知らせ

Ping Pong League」をネットカフェなどでご利用頂けるアーケード版を近日中にSteamにてリリース予定です。ご興味がある事業者様がいらっしゃいましたら、info[at]cover-corp.comまでお声がけください!