VR/AR Startups

よくわかるVR/ARスタートアップ

Ingress、Pokemon GOと今後のARサービス

f:id:tanigox:20160712082654j:plain

Pokemon GOが凄く好調のようですね!前職で位置情報を活用したサービスを展開していたため、位置ゲーについてはそこそこ詳しく、社内でIngressについて話す機会がありました。

Ingressは端的に言うと、2チームに分かれての陣取り合戦です。Ingressの醍醐味が何かと言うと、周辺にいる人たちとリアルタイムにバトルできることかなと思います。今までの位置ゲーでは、行った場所を記録したり、移動距離に応じて貯まったポイントを使って自分で町を作るような1人で楽しめるゲームが主流でした。

それが、スマートフォンが普及したことで、周辺にいる人たちとリアルタイムにバトルすることが可能になったのです。Ingressもユーザーが少なかった頃は、陣取りもそこまで激しくありませんでしたが、ユーザーが増えたことで、まさに目の前にいるユーザーとバトルを繰り広げるようになってきました。

Ingressが人気が出た要因としては、スマートフォンならではの今までにないゲームを提案したこと、SFの世界観がテックユーザーにウケたこと、Google社内から誕生したため注目されたことなどが大きいと思います。

とは言え、Ingressは世界観やゲーム性がわかりにくかったので、一般人には敷居が高かったのも事実。Pokemon GOにより、世界観やゲーム性がわかりやすくなったことで、位置ゲーの真価を発揮できるのではないかと思います。

ARが普及した未来について語られるときに、レストランのレビューが見られるなどが例として出てきますが、スタートアップの視点で見た時には、そこは食べログなどの既存プレイヤーが対応する領域であり、手を出さない方が良いと思っています。

現実世界には既に存在する遊びやツールで、今までのインターネットでは実現できなかったけれど、ARによって実現可能になること。1人で楽しむものではなく、他のユーザーとのコミュニケーションによって広がるものを考えるのが良いのではないでしょうか。

ノブレス・オブリージュ 今後も救世主たらんことを。

by 東のエデンhttp://www.amazon.co.jp/dp/B003VOIPHW

VR/AR領域のスタートアップを起業しました。社員・インターン(特にUnityエンジニア、3Dデザイナー)に興味がある方はTwitterやtanigo[at]gmail.comまでご連絡ください!

twitter.com