読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR/AR Startups

よくわかるVR/ARスタートアップ

THETA Sを使ってYouTubeで360度ライブストリーミングする方法

f:id:tanigox:20160513122724j:plain

THETA UVC Blenderのセットアップ

下記のライブストリーミング用アプリから自分のPC環境に合わせたアプリをダウンロードして、セットアップします。

ダウンロード | RICOH THETA

 

ライブストリーミングエンコーダのセットアップ

YouTube推奨のライブストリーミングのいずれかをダウンロードして、セットアップします。僕はWirecast Playを使っています。

support.google.com

 

YouTubeでライブストリーミングのイベントを作成

1.YouTubeでログインし、「アップロード」ボタンをクリックした後に、ライブストリーミングの「始める」ボタンをクリックします。

f:id:tanigox:20160513122924p:plain

2.ライブストリーミングのメニューを「今すぐ配信」から「イベント」に切り替えます。

f:id:tanigox:20160513122935p:plain

3.「新しいライブイベント」ボタンをクリックして、「基本情報」タブでタイトルや説明、開始時間を設定します。

f:id:tanigox:20160513123042p:plain

4.「詳細設定」タブをクリックして、360°動画の 「このライブ ストリームは 360° です」のチェックをクリックします。

f:id:tanigox:20160513122950p:plain

f:id:tanigox:20160513123110p:plain

 

THETA Sをライブストリーミングモードで起動

THETA Sの「カメラ」ボタンを押しながら、「電源」ボタンを押し、ライブストリーミングモードで起動します。成功すると、THETA Sの前面に「Live」マークが点灯します。

 

エンコーダーでライブストリーミングを配信

セットアップしたエンコーダーにTHETA Sを接続し、「THETA UVC Blender」をカメラとして追加します。
Wirecast Playでは「ストリーム」ボタンをクリックして、YouTubeアカウントを認証し、ライブストリーミングを開始します。

 

360度ライブストリーミング例

こんな感じに公開されます。
スマホではYouTubeアプリでご確認ください。

www.youtube.com

VR/AR領域のスタートアップを起業しました。社員・インターン(特にUnityエンジニア、3Dデザイナー)に興味がある方はTwitterやtanigo[at]gmail.comまでご連絡ください!

twitter.com