読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR/AR Startups

よくわかるVR/ARスタートアップ

AppleがどんなARグラスを作っているのか予想してみた

AppleのTim Cookが最近ARに言及する機会が増えてます。スタートアップとしては、次の事業機会を捉える上で、Appleの動きは無視できないところ。また、VR/AR業界にいない人からすると、ARグラスと言えばGoogleグラスのようなデバイスを想像する人が多いんじゃ…

HTC ViveでオススメのVRゲーム、VRコンテンツ

当社からついにHTC Vive対応の卓球ゲームをリリースしました。とは言え、身の回りの友人にプレイしてもらうことはなかなか難しいなと思っていましたが、何とPCとHTC Viveを購入してくれた友人がいたので、HTC Viveでオススメのゲームをまとめたいと思います…

VRデバイスが無くても楽しめるVRコンテンツとは?

ネット業界やVCの方と話すと、VRデバイスは日本で普及していないから当面市場は広がらないという話になることがあります。でも、VRデバイスが無くても楽しめるVRコンテンツがあるとしたら、話が変わってくると思いませんか? 今、VRデバイスを動画を制作する…

18万DL以上のソーシャルVRサービス、Rec Roomが500万ドルを調達

VR

世界最大のPCゲームプラットフォームSteam(月間UU1億2千万人)で、18万DL以上と圧倒的なDL数を誇るソーシャルVRサービス、Rec Roomが500万ドルの資金調達を発表しました。 ソーシャルVRサービスは、イベント開催型のAltspaceVR、UGC型のVRChat、High Fideli…

VR釣りゲーBait!がGear VRで100万DL達成、Daydreamで提供開始

VR

Upload VRの記事によると、Resolution Gamesが提供するVR釣りゲーム「Bait!」がGear VRで100万DLを達成したようです。また、Daydream向けの提供も開始しました。 Resolution GamesはCandy Crush Sagaのクリエイターとして有名なTommy PalmがCEOを務める、モ…

Twitterでバズり始めたVRアートとVR展覧会の可能性

VR

六本木ヒルズで開催しているジブリの大博覧会、行きたいけれどなかなか時間が取れないんですよね。もちろん実物に勝るものはないですが、早くこういう展覧会がVR上でも見られるようにならないかなと思います。 「ジブリの大博覧会」会場は六本木ヒルズの52階…

VR/AR領域で伸びるスタートアップとは何か?

AR

スマートフォンでGPSが使いやすくなったことで、オンラインの情報を見てオフラインのお店に送客するO2Oという言葉が生まれました。しかし、O2Oという言葉はソリューション企業が顧客を獲得するためのバズワードに過ぎず、GPSの普及で伸びたのはRettyやUberな…

Ingress、Pokemon GOと今後のARサービス

VR

Pokemon GOが凄く好調のようですね!前職で位置情報を活用したサービスを展開していたため、位置ゲーについてはそこそこ詳しく、社内でIngressについて話す機会がありました。 Ingressは端的に言うと、2チームに分かれての陣取り合戦です。Ingressの醍醐味が…

StartupVR Meetupの体験コーナーに出展してきました

VR

日曜日にSkyland Venturesさんが開催したVRスタートアップイベント、StartupVR Meetupの体験コーナーに開発中のゲームを出展してきました。展示も3回目になり、運用もこなれてきましたが当日は1人だったので、Skyland Venturesさんからヘルプの学生を提供し…

Tabletop Simulatorに学ぶVRでのネットワーク効果の働かせ方

VR

Steamで配信中のTalbletop SimulatorがVRに対応したことが発表されました。Tabletop Simulatorは正確にはゲームではありません。物理エンジンでカードゲームやボードゲームなどの道具を再現してオンライン対戦を支援するツールです。ゲームのシステムを組み…

バーチャルビリヤード場ゲーム、Pool Nation VRが面白い

VR

6月1日にSteamでリリースされたHTC Vive対応のバーチャルビリヤード場ゲーム、Pool Nation VRが面白いです。要はVR空間内にバーチャルなビリヤード場を再現したゲームです。HTC Viveのコントローラーを使ってビリヤードをリアルに楽しむことができる他、ビリ…

HololensのPVから見える3Dインターネットの未来

AR

MicrosoftがHololensのコア技術であるWindows HolographicをOEMメーカーなどにも公開することを発表しました。これにより、Microsoft以外のメーカーからもHololensの様なデバイスが発売できることになります。 www.youtube.com Microsoftが目指している世界…

VRで今までにないコンテンツを制作できるツール4選

VR

HTC Viveがオフィスに届いてから、沢山の人に体験して頂く機会を設けてきましたが、一番評判が良いのが、Googleの3Dお絵描きアプリTilt Brushです。VR内でゲームをプレイすることも楽しいのですが、VR内で自分で何かをクリエイトする体験は誰もが楽しいと感…

キャラクターを近づけるVRでしか表現できない臨場感

VR

VRで素晴らしい体験を提供するための重要な要素として、臨場感、対話性、自律性の3つがあります。臨場感について、VRでしか表現できない手法として360度全方位の映像がありますが、ユーザーにキャラクターを近づけさせることもかなりのインパクトがあります…

GoogleのAR(Project Tango)がVR(Daydream)と統合されるのはまだ先?

VR

Googleが開発中のリアルタイム空間認識技術、Project Tangoの進捗がGoogle I/Oで公開されました。 このProject Tangoの空間認識技術がかなり精度が高いようで、インテリアの配置などEコマースの販売促進に利用できそうです。 Tangoのデモ結構すごい。デプス…

ついにスマートフォンで高品質なVR体験が可能に

VR

Googleが噂されていたスタンドアローンのVRデバイスではなく、スマホで高品質なVR体験ができるプラットフォーム、Daydreamを発表しました。最新のOSであるAndroid NでVRモードが搭載される他、秋に対応のスマートフォン(残念ながら日本製はなし)とVRヘッド…

THETA Sを使ってYouTubeで360度ライブストリーミングする方法

VR

THETA UVC Blenderのセットアップ 下記のライブストリーミング用アプリから自分のPC環境に合わせたアプリをダウンロードして、セットアップします。 ダウンロード | RICOH THETA ライブストリーミングエンコーダのセットアップ YouTube推奨のライブストリー…

VRでカジュアル化するeSports

VR

eSportsというとコントローラーを使ってLeague of Legendsの様な難しそうなゲームをプレイするPCゲーマーの姿を思い浮かべ、敷居が高く感じる方も少なくないと思います。最近はスマホゲームの実況も盛んになり身近になりつつありますが、ゲームの操作に慣れ…

VRとARは地続きです

VR

VRよりもARの方が市場が大きい、現実空間から遮断されるためゲームや映像などのエンタメ領域が主たる利用用途になるVRに比べて、現実空間が背景として表示されるARはBtoBに利用しやすいからと。 でも、VRとARは共に、Unityなどの3Dゲームエンジン上で開発す…

VRデバイスの特徴と普及予測

VR

3月28日からついにOculus Riftの出荷が開始されました。4月5日にはHTC Viveの出荷も開始されています。今後、どのようにVRデバイスが普及していくのかについて、個人的な考察をまとめてみました。 軽くてヘッドホン付きで使いやすいVRの代名詞、Oculus Rift …

プロダクトアウトで考えるのが正解かもしれない

昨日エニグモの須田さんとランチする機会があり、10周年を迎えたBUYMAについて、今やり直すとしたら当時と同じ戦略を取るか聞いてみました。 BUYMAは当初、「カメラ付き携帯でバイヤーになれる」というコンセプトのサービスだったが中々世の中に受け入れられ…

サービス名はわかりやすく

30min.は何て読むの?サンジュウミニッツ、サーティーミニッツなど色々と間違われました。 インターネットサービスのサービス名は、検索のしやすさやユーザー間での伝わりやすさを考えて、わかりやすく誤読されないものが良いと思います。 価格コムもCOREPRI…

証明されている事実

CGMはカテゴリーを絞ることで成立するという証明されている事実があります。 上手くいっているのはグルメ、レシピ、化粧品、旅行などなど。逆に上手くいっていない典型は、地域情報の口コミサイト。カテゴリーが絞られていないことで、コミュニティが活性化…

戦略はシンプルに

30min.で失敗したことの一つに戦略の複雑さがあります。サービスの初期段階で口コミサービスと店舗向けサービスを同居させてしまったのです。 口コミサービスと店舗向けサービスでは当然ながらユーザーが違い、またユーザー同士の利害が一致しないことも多い…

アイミツのサービス設計

リブセンスが提供するBtoBの一括見積もりサービス「アイミツ」のサービス設計についてご紹介します。 通常、SEOで集客を行うサービスは、掲載企業数が集まってサイトのコンテンツ量が増えるまで、なかなかSEOが効きにくいという問題があります。そこで、成果…

DOOR賃貸のサービス設計

リブセンスが運営する賃貸不動産サイト「door賃貸」のサービス設計についてご紹介します。 賃貸不動産サイトを運営する上で最も大事なことは「物件数を安定的に確保すること」です。賃貸不動産は満室になってしまうと情報の価値が無くなってしまうため、常に…

リノコのサービス設計

個人的に最も注目している、リフォームサイト「リノコ」のサービス設計についてご紹介します。 リノコは「小さなお葬式」を3年間で売上30億円まで急成長させた大阪のITベンチャー、ユニクエストオンラインからスピンアウトした企業、セカイエが運営するリフ…